今年も盛り上がりが期待できる「三嶋大社三島夏まつり」!去年の三島夏まつりは、たくさんのイベントがあって、たくさんの人が訪れたようです。まだまだ三島夏まつりまでは、日にちもありますが、三島の夏祭りスケジュールがすでに発表されているので、ここでは、三島の夏祭りスケジュール2017を紹介していきます。

三島の夏祭りスケジュール2017!

伝統と熱気で夏を飾る三島市の一大イベントである三島夏まつりは、毎年8月15日・16日・17日に開催されています。今年も例年通りこの日程で開催されます。歩行者天国になる、三嶋大社から三島小路駅までの約700mの通りを、山車とシャギリ、郷土芸能農兵節や、みしまサンバパレード、源頼朝公旗挙げ行列などがねり歩き見応えのあるお祭りになりそうですよ。

 三島夏祭りのスケジュール&見どころ

と き:2017年8月15日~8月17日

ところ:三島市内

問合せ:三島市観光協会 電話:055-971-5000

8月15日:山車とシャギリの日

見どころ

山車シャギリ大会

響演みしまサンバ&三島の和太鼓

当番町の山車競り合い*各日、20:00より行われます。

8月16日:伝統芸能の日

見どころ

当番町山車パレード

梯子のり

頼朝公旗揚げ行列

手筒花火

農兵節パレード

音楽パレード

当番町の山車競り合い当番町山車パレード*各日、20:00より行われます。

 8月17日:踊りの日

見どころ

流鏑馬

農兵節パレード

みしまサンバパレード

農兵節・みしまサンバ総踊り大会*飛び込み参加できます!

当番町の山車競り合い*各日、20:00より行われます。

 8月15日:山車とシャギリの日

三島夏まつりの、最大のメインイベントの山車とシャギリは、江戸時代から引き継がれてきたもので、当番町の山車の引き回しを、シャギリの音が後押しするかのように、さらに祭りを盛り上げていきます。

夜になれば、当番町の山車が三嶋大社の大鳥居前に集結。一斉に競り合いが始まります!その熱気は、見ている観客をも巻き込むほど。数代の山車から響くシャギリで、祭りは最高潮に達します!

スポンサードリンク

 8月16日:伝統芸の日

毎年好評の催しといえば「頼朝公旗挙げ行列」!今年も行われますよ!平治の乱(1159年)に伊豆に流されたという源頼朝が源氏再興を三嶋大社に祈願したとされ、のちに挙兵して全国を平定したとされる故事にちなんだ行事です。

毎年、頼朝役には芸能人が出演してきましたが、今年も決まりました!今年の頼朝役は俳優の「前川泰之(まえかわ やすゆき)」さんです!今まさに旬の俳優さんですよね。また、「手筒花火」・「浦安舞」などの三嶋大社の神事として残っている伝統的な芸能、さらに「梯子のり」「神輿」などが催されます。

前川泰之

1973年11月16日生まれの東京都出身。テレビ・映画・舞台などで活躍中の俳優。人気のあったTBS 「半沢直樹」 田宮基紀役、NHK大河ドラマ「真田丸」武将 春日信達役、「痛快TV スカッとジャパン」準レギュラーなどで活躍中。

 8月17日:踊りの日

お祭りの最終日は、リズム豊かな唄から始まる「冨士の白雪ノーエ」の「農兵節」、さらに、農兵節をポップ調にアレンジされた「みしまサンバ」の賑やかなパレードが行われます。整然とした「農兵節」に情緒を感じれば、次は、華やかで賑やかな「みしまサンバ」、地元の方々に愛されてきた二つの踊りが、お祭りのフィナーレにふさわしいパレードになります。三島夏まつりは、歴史と伝統のあるお祭りです。

その最終日にふさわしく、昔から伝わる農兵節と現代にアレンジされたみしまサンバが始まれば、夏祭りも終盤へさしかかります。夏祭りの熱気もここで一気にヒートアップします。たくさんのお客さんも騒然となるような盛り上げりをみせます。

2017年の当番町

三島夏まつりの当番町制度は、お祭りの伝統を今も引き継ぐ中核となる制度になっています。当番町は、6つのグループに分かれていて、6年に一度当番町を担当するそうです。

今年の平成29年度の当番町は、中央町、中央町2区、芝本町、一番町(一番町、文教町1丁目)(山車4台)です。

まとめ

以上です。三島の夏祭りスケジュール決定2017を紹介しました。三島の夏祭りが終われば、もう、夏休みも後半にさしかかりますよね。今年の夏、三島方面に海水浴などで出かける予定があるなら、三島の夏祭りで熱気のあるお祭りで盛り上がるのはどうでしょうか。

スポンサードリンク

今のあなたにおすすめの記事