広島県の夏も、暑い夏ですが、日中気温が高くても、「瀬戸の夕なぎ」と呼ばれて、夕方から夜になると風がなくなる場所もあります。この時間は、無風状態になってしまうので、かなり蒸し暑くなるのが特徴のようです。

ということは、夕方の夕陽が沈む景色を眺めるのには、ちょうどいいですよね。さて、ここでは、広島県の海水浴場を紹介しますね。ぜひ参考にしてください。

 海開きの海水浴場広島2017

広島県でも、日本海側と瀬戸内海側では気候が異なる特徴の県です。夏になると、海の近くや盆地などでは、猛暑日が続くこともあるとか。夏は、やっぱり暑くなくちゃ!と思わせる広島県になるんでしょうか。

 広島県安芸郡/ベイサイドビーチ坂

さて、一番最初に紹介するのが広島県安芸郡坂町にある「ベイサイドビーチ坂」。県内の海水浴場では、例年先陣を切って海開きする海水浴場でもあります。ベイサイドビーチ坂は、夏だけはなく、一年中楽しめる場所で、釣りや夕陽を楽しむためにたくさんの人が訪れる場所でもあります。また、夜景スポットとしても有名なんです。広島での夏は、ここからがスタートになりそうですよ。

海開き:7月上旬

場所:広島県安芸郡坂町水尻

 広島県呉市/ロマンチックビーチかるが

その名のとおり呉市狩留賀町(かるがちょう)に位置している海水浴場です。ここのおすすめは、なんといってもアクセスの良さかもしれません。JR呉線のかるが浜駅から歩いて2分ほどなので、夏のシーズンは大賑わいのビーチになります。また、隣接する狩留賀海浜公園では、バーベキュー設備が整っていることもあって、海とバーベキューを楽しむ人も多いそうです。

海開き:7月上旬

場所:広島県呉市狩留賀町

 広島県福山市/クレセントビーチ

毎年2万人以上の海水浴で賑わうのがクレセントビーチ。こちらの海は波も穏やかなため、お子さん連れでも安心して楽しめる海水浴場です。ママさんにも助かるのが、日陰を確保できるところかもしれません。近くにはレストランもあるところがいいですよね。また、バーベキューの専用区間も用意されていますよ。

海開き:7月中旬

場所:広島県福山市八340-7

スポンサードリンク

 広島県呉市/七浦海水浴場

七浦海水浴場の波は穏やかなところが特徴で、波打ち際で子供たちが楽しく遊ぶ姿が、例年の光景になっています。ちょっと入り組んだ場所に位置しているために、穴場のスポットになるかもしれません。瀬戸内海の美しい風景を眺めながら海を楽しむなら、七浦海水浴場がおすすめです。また、キャンプをすることもできてバーベキューを楽しむことができるので、若い方から家族連れの方で、毎年賑わいを見せています。

海開き:7月上旬

場所:広島県呉市安浦町大字安登

 広島県呉市/鎌刈の浜海水浴場

鎌刈の浜海水浴場は、夏だけではなく春には河津桜が楽しめることもあって、一年通して人気のある場所になります。宿泊施設も充実していて毎年たくさんの方が訪れるレジャースポットになっています。ここのおすすめは温泉も楽しめることです。風が強い日もありますが、波が穏やかな場所でもあります。

海開き:7月上旬

広島県呉市鎌刈町大浦字前沖浦

 広島県尾道市/瀬戸田サンセットビーチ

尾道市でリゾート気分を味わうなら瀬戸田千セットビーチかもしれません。海岸線の長さは、800mもある広大なビーチになっていて、遠浅の海が続くきれいな海岸線です。実は、ひょっこりひょうたん島のモデルにもなった場所なんですね。また、瀬戸田町夏まつりの花火大会はここで行われるようです。

海開き:7月上旬

場所:広島県尾道市瀬戸田町垂水

 広島県廿日市市/包ヶ浦海水浴場

ここは、包ヶ浦自然公園に隣接する海水浴場です。海水浴と同時にバーベキューなども楽しめるので、季節問わずに多くの方が訪れる場所になっています。また、キャンプ施設も充実しているので、ここに泊まって毎日、朝の海岸を散歩するもいいですよね。

海開き:7月中旬

場所:広島県廿日市市宮島町包ヶ浦

 まとめ

以上です。海開きの海水浴場広島を紹介しました。広島の海水浴場は、家族連れには、やさしい海水浴場が多く、お子さん連れの方には、安心の場所ですよね。日帰りはもちろんのこと、泊りがけで行くのもおすすめの場所が多いですよ。

スポンサードリンク

今のあなたにおすすめの記事
スポンサードリンク